Original

今話題の2分の一成人式!「ハーフ成人式」って何?

ハーフ成人式って知っていますか?

読んで字の如くな内容である為、大方の想像はつくはずです。

今、その「ハーフ成人式」が話題となっており、実際に「ハーフ成人式」を行う家族がとても増えています。

しかし、「ハーフ成人式」という言葉自体初めて聞いたという方もいらっしゃるはずです。

文部科学省が定める学習指導要領に記載は無い為、知らないという方がいてもなんら不思議なころではありません。

ですがこれだけは、確かなのです。

「知ったならば、行って欲しい行事」であるということです。


では、「ハーフ成人式」が何なのか、どの様に行うのかなど「ハーフ成人式」の魅力を紹介して行きましょう。


二分の一成人式(ハーフ成人式)って何?

女の子の写真

「成人式」というワードが入っている為、想像は付きやすいでしょう。

成人の二分の一の年齢である10歳を迎えたことを記念して行われる行事、儀式のこと指します。

学校内や、地域行事、教諭の裁量により課外活動の一環として行われています。

学校で行われる場合には、小学校中学年の4年生を対象に、校長や保護者代表による祝いの言葉、合唱などが行われることがあります。


いつ頃から始まったのか?

考案されたのは、1980年頃とされており兵庫県西宮市の教諭によって、高学年への門出に「背筋を伸ばして参加するようなイベントを」と考案したとのことです。

意外にも、昔から取り行われていた行事でビックリとした方も多いのではないでしょうか。

実際には、地域性もあり行っていない地域では馴染みのない行事であるかも知れません。


二分の一成人式(ハーフ成人式)を行う意味

上記した通りに、成人の半分の年齢を迎えたことを祝うというのが一番の意味であるのではないでしょうか。

考案通りに「高学年への門出」「一区切りとして」といった意味合いも大きく含んでいると思います。

思春期を迎える子供達を「大人」と「子供」の中間と表すのであれば、ハーフ成人式を迎える子供はまさに、その中間であるとも考えられます。

思春期を迎える前に、一度区切りをつけて成長に自覚を持てる様な行事を取り行うことによって、子供にも良い意識付けが出来るのでは無いかと考えます。


実は…開催にあたり問題点や批評もある…

取り行うことに関して、良いことばかりではないのが事実なようです。

「親への感謝を強要される」

「児童虐待を受けている児童への配慮がなされていない」など、批評があることも確かです。

多様化する家族形態にまったく配慮が行き届いていないなど、行事内容について再検討が必要ではないかと指摘される一面も持っています。


ハーフ成人式を家庭内でも取り行うメリット

家族の写真

主に、学校や地域にて行われる「ハーフ成人式」を紹介してきました。

良いことばかりでは無く、批評もあることもご理解頂けたはずです。

そこで、オススメしたいのが家庭内において「ハーフ成人式」を取り行うということです。

掲記した内容通り、1980年代から行われている行事であっても地域によっては馴染みが無い場合も多く、批評される内容から行事自体を取りやめてしまっている場合もあります。

家庭内で行うのであれば、批評内容の問題点はクリア出来ることはもちろん、「家族の絆」を深めることにも繋がっていくと考えられないでしょうか。


家庭内にてハーフ成人式を行う方法


形はあってない様なものと考えてよいと思います。

10歳まで無事に大きく成長してくれたという「気持ち」が一番大切です。

10歳ともなると、恥ずかしいという気持ちや、早い子供であれば親への反抗の気持ちが芽生えることもあるでしょう。

親としても日々変化のある時期であるはすです。

親子共に、「大人」と「子供」を行ったり来たりしながら、また「大人」と「子供」を上手く使い分けて生活をしている期間であるのです。

そんな時期だからこそ、どんな形でも良いと思います。


「生まれてきてくれたこと」

「健康でいてくれること」

「日々大きく成長してくれていること」


普段伝えることの出来ない「思い」を伝えてみてください。


文字にして思いを伝える

文字で残す

文字にして「思い」を伝える方法は非常に効果的であると思います。

あえて言葉に出すことよりも、大きな感動と気持ちを伝えられることがあるからです。

言葉にするよりも素直になれる点も良いところかも知れません。

手紙を書くという行為は、親子間で考えると滅多に無いことです。

特別という意味でも付加価値が出る為、オススメです。


ハーフ成人証を発行してみよう

これは、学校などで実際に行われていることでもあります。

卒業証書ならぬ「ハーフ成人証」を手作りで贈呈しても面白いと思います。

家族全員から一言ずつ、お祝いの言葉を寄せ書きしてみたり、祖父母から一言もらうのも思い出の一つになるでしょう。


ハーフ成人式には記念撮影を行おう!

家族で記念撮影

ハーフ成人式で最も行って欲しいのが、「記念撮影」です。

もしかしたら「子供」として「子供」らしく撮影が出来る、一番良い機会なのかも知れません。

何歳の時であれ同じなのですが、思春期前の子供らしい姿で撮影のできる最後のチャンスともなり得ます。

幼児期には、事あるごとに撮影していた写真も、段々とその回数は減っていき行事の時以外には撮らなくなってしまうもの。

そんな時期に、家族で写真を撮ることのできる良い機会なのです。

思春期を迎えてしまうと、反抗もあり一緒に写真に写ることを拒否するようになる場合もあります。

だからこその今と考えて、是非とも記念撮影を行ってください。


ハーフ成人式の記念撮影に関して

有名こども写真館
撮影料金例(2018年9月時点)


スタジオアリス

撮影料3000円+商品代

セット料金あり、割引あり


ハピリィフォトスタジオ

24800円~

セットあり


スタジオマリオ

撮影料3000円+商品代

セット料金あり、割引あり


撮影料金に関して、大手撮影スタジオとその他の個人写真館などのおおよその金額をまとめてみると、撮影料金自体には大差が無く、どこで撮影をしても購入する商品代金によって総額が変わってくるということが解りました。

これを踏まえて、予算に応じて商品を選ぶ他、割引情報にも注意をしながら撮影店舗を決めると良いでしょう。


衣装なども現在は豊富に揃えられているので、気に入った衣装があるということで選んでも良いと思います。

商品としても、気合を入れ過ぎる必要性は無く、家族写真を一枚であったとしても充分に価値のある一枚になるはずです。


ハーフ成人式を行うにあたって

見つめ合う家族

学校や地域で行われるハーフ成人式とは別に、家庭でハーフ成人式を祝ってあげることの重要性や価値が理解頂けたのではないかと思います。

大切な家族の成長や、楽しい一時の一瞬を切り取るのが写真です。

思い出の一枚の写真は、どんな言葉よりも価値がある場合だってあるのです。

二度とは戻らないその一瞬をあなたも写真に収めて見ませんか?

暮らしに関する記事

カテゴリ一覧

暮らし中での思い出の活用方法
ビジネスシーンでの思い出の活用方法
写真の価値と思い出の残し方
アルバムセラピー

人気の記事

アーカイブ

提供元

日本アルバムセラピー協会

facebook

ページメニュー

コンテンツメニュー