Original

恋愛における写真の活用法

恋愛を楽しんでいる方々、写真はたくさん撮っていますか?スマホの普及もあり、カメラはますます身近なものに。SNSの流行によって、積極的に写真撮影する人も多いもの。恋人同士ならば、二人の写真もたくさん撮影し、様々な思い出を残したくなってしまいますよね。

そんな写真を、もっと恋愛に活用させてみませんか?恋愛心理をもとに、写真を上手に使えば、二人の未来をもっとハッピーにすることができます。ぜひ、その方法を知っておいてください。


二人の写真を共有していないカップルは破滅する!?

喧嘩するカップル

二人で写真撮影はするものの、写真は彼女のスマホの中にだけなんてこと、ありませんか?女性の方がこまめに写真撮影するため、男性のスマホには写真が少ないことも。

これでは彼女の自己満足に終わってしまい、もったいないです。せっかくの写真は、必ず二人で共有しましょう。特に男性は恋愛中の出来事や思い出を、深く心に刻まないことが多々あります。記念日や昔の思い出を忘れてしまう彼氏ではありませんか?

決して愛情が薄いわけではないのに、大切なことをよく忘れてしまう男性。これは男性には、感情を記憶する心理が働きにくい特徴があるためです。また、男性には過去を振り返って懐かしむという感覚が薄く、女性ほど感情豊かに心が働かないため、思い出に対して強く関心を抱かない傾向にあります。

そのため、彼女とケンカになってしまうことも。彼女が大切にしていた記念日や思い出を忘れてしまい、ひどく責められるなんて場面はよくあります。

こんなすれ違いを避けてくれるのが、二人の写真です。写真を共有し、気持ちがすれ違わなくて済む簡単な方法を覚えておきましょう。


彼のスマホに写真を入れたら恋愛はうまくいく!

恋人とツーショット写真

二人の写真を撮ったら、写真はすぐにシェアします。共通のアプリやSNSにアップしてもいいですが、その場で彼のスマホに入れてしまう方がいいでしょう。わざわざアクセスするより、スマホのアルバムの中にある写真の方が、見返す回数は多くなるはずです。

タイミングが難しく、シェアしにくいと感じるのならば、彼のスマホで撮影してしまえばOKです。これなら、後で彼に写真をもらえば、彼のスマホには必ず二人の写真が残ります。

スマホをよくいじってしまう現代人だからこそ、スマホにある写真をついつい眺めてしまうことも多いでしょう。二人の想い出の写真、記念日の写真をなんとなく眺めるだけでも、そのときの記憶がよりインプットされやすくなります。また、写真には様々な感情が込められているもの。文字のような確かな情報ではないのに、パッと見て、「嬉しい」「楽しい」といった感情が思い出しやすくなります。

これなら少々鈍感な彼にも、二人の思い出や記念の日を覚えてもらいやすくなるはず。写真というツールで感情を共有しやすくなり、二人の気持ちのすれ違いを避けることができます。


会えない恋人には文字より写真を送る

写真を贈る

遠距離恋愛でなかなか会えない、お互いに忙しくて予定が合わない。こんなカップルもいますよね。あまりに会えない時間が多いと、好きであればあるほどに不安になってしまうことも。

いくらLINEや電話が使えても、会って話すのとは違いますよね。会えない時間が増えると、心が離れてしまうのではないか?そんな不安を抱えている人もいます。

そんな二人におすすめなのが、写真を共有する方法です。LINEやメールを活用しているならば、文字だけでなく、写真も送りましょう。今日食べたものとか、買ったもの、たわいのないもので構いません。写真が入ると、グッと楽しい雰囲気になりますよね。

できれば、自分の写真をこまめに送るのがおすすめです。人はまめに顔を合わせている人に、親しみを抱いてしまうもの。好みや相性に関係なく、たまに会う人より、毎日会う人の方を好きになってしまうという心理が働きます。

わざわざ送信せずに、共有のアプリやSNSにどんどん投稿していく方法でもOKです。できれば笑顔の写真、または相手を笑顔にしてしまう写真をアップしていきましょう。お互いにたくさんの写真を見せ合うことで、寂しい気持ちを和らげてくれます。

会えない相手には自分の写真を頻繁に見せ、自分の存在感を強く心に焼き付ける方法が有効です。テレビのタレントや俳優も、才能や見た目よりも、たくさん露出がある人ほど人気が出てきますよね?

たくさんの文字を打つより、1枚の写真の方がグッと相手の心に残りやすくなるため、ぜひ活用してみてください。


アルバムを作ってプレゼントする

アルバム

データで写真を保管するのが主流の現代ですが、あえて紙のアルバムを作ってプレゼントするのもおすすめです。写真を切り抜いたり、コラージュしたり、メッセージを添えて二人だけのアルバムを作ってみましょう。

誕生日や記念日に、今までの感謝の気持ちを込めてプレゼントすれば、ちょっと照れながらも喜んでくれるでしょう。

女性から男性に贈るのならば、部屋の目につくところに置きやすいよう、外装はシンプルに。中身は思いっきり楽しく、あなたらしさを詰め込んでみてください。恥ずかしがるような彼でも、ふと、あなたが恋しくなったときに眺め、密かに幸せな気持ちになってしまいます。

もちろん、男性から女性にプレゼントするのもおすすめです。特に男性は、この手のプレゼントが苦手なもの。凝ったアルバムを作らなくても、アルバムに写真を挟みこんでいくだけでも大丈夫です。女性でもなかなかアルバムにせず、写真の存在を忘れてしまう方も多いため、彼が作ってくれたら、きっと大喜びするでしょう。

データで見る写真と、プリントアウトされた写真はまた違うもの。より写真の必要性を感じ、二人でもっと楽しい思い出を残したいという気持ちにさせられてしまいます。

大きくて分厚いアルバムである必要はありません。記念のアルバムを作ってみてください。



運命の赤い糸

恋愛中は写真を撮る機会は多いけれど、意外と活用されていないもの。お互いの心理に深く訴える力のある写真を、上手に利用していないのはもったいないことかもしれません。

ぜひ、二人の仲をもっと深められるよう、確かな絆に変えられるように、写真を有効活用してみてください。二人で共有できるカップルほど、幸せな未来が約束されているのかもしれませんね。

暮らしに関する記事

カテゴリ一覧

暮らし中での思い出の活用方法
ビジネスシーンでの思い出の活用方法
写真の価値と思い出の残し方
アルバムセラピー

人気の記事

アーカイブ

提供元

日本アルバムセラピー協会

facebook

ページメニュー

コンテンツメニュー