Original

スマホで上手に写真を撮影するコツ

スマホで写真撮影している方は沢山いますよね。便利なスマホですが、もっと上手に撮りたい!と感じている方も多いはず。

そんな方に、スマホで上手に写真を撮影するコツをご紹介します。撮影前の準備から、風景や人物を上手に撮る簡単なコツを、この機会に覚えてしまいましょう。


スマホで撮影の基本を押さえて写真をレベルアップ!

スマホで撮影

何気なく使っているスマホのカメラ。ですが、少しだけ気を付けてみると、もっと思い通りの写真が撮れるようになります。意外と知られていない簡単な基本を押さえて、一気にレベルアップしてしまいましょう。


シャッターを押す前にすべきこと

シャッターボタンを押す前に、スマホのレンズはキレイに拭いておきましょう。皮脂や埃が付着し、汚れていることもあります。少しの汚れでも画像はぼやけてしまうため、布などで傷をつけないよう、キレイに拭いておいてください。

画面で被写体を確認しながら、光や位置をチェックしてください。写真は光の当たり方で出来栄えが大きく変わるため、光源についてもよく確認してみましょう。光が一番当たるところはどこか?角度や位置を変えて探す、照明を足してみるなど、明るく鮮明に見える方法を探してください。


シャッターを押す際に注意

シャッターを押す瞬間にブレてしまうのは、よくあること。少しのブレで画像がぼやけてしまうため、シャッターを押す際にはブレにくい体勢を維持するようにしてください。

脇をギュッと締めておく、固い物の上に手を置き、スマホと両手を固定しておくと手ブレが起きにくくなります。シャッターは優しくゆっくりと押し、衝撃でブレないよう気を付けましょう。

可能であれば、三脚やスマホスタンドを使用し、タイマーで撮影するのもおすすめです。手ブレは後で拡大して気づくこともあるため、数枚写真を撮影しておくとより安心できます。


逆光や夜景が苦手な場合

スマホ撮影で苦労することのひとつに、「逆光や暗い所での撮影」をあげる人もいます。夜景などを撮影する場合には、スマホならフラッシュを使用せず、スマホの自動調整を使用した方が、キレイに撮影できる場合が多いです。

逆光のときには、フラッシュを使用します。影が明るく写されることで、鮮明な写真を撮影することが可能になります。この際のフラッシュ設定は強制発光にし、オートを使用しないのがコツです。

スマホカメラにHDRモードが搭載されているのなら、HDRモードに切り替えてから撮影してみてください。HDRは明暗差を自動で補正してくれるため、逆光や夜景の撮影を上手にサポートしてくれます。


被写体別!上手に撮影する簡単なコツをそれぞれご紹介

スマホで風景撮影

簡単なコツを覚えたところで、次は被写体別のコツを知っておきましょう。風景も人物も、同じ撮影方法ではキレイな写真は撮れません。それぞれのコツを知り、撮影時に活かしてみてください。


風景を上手に撮るコツ

風景は光を利用し、遠近感を使用することで、いつもと違った写真を撮影することができます。太陽光はもちろん、窓ガラスや水面で反射し、強く光っているところを探して撮影してみましょう。

また、近くにある花と遠くにある山や空、どちらも構図に取り入れて、遠近法を見せる撮影の仕方もおすすめです。スマホの画面で様々な角度を探し、自分だけの構図を見つけてみてください。


人物を上手に撮るコツ

まずは、人物に光が当たる場所を探します。不自然な影が入らない場所に人物を立たせてください。顔の正面に光が当たると、表情のハッキリした写真を撮影することができます。

逆光でフラッシュをたいたり、光量をあらかじめ明るく設定してから撮影したりするのもおすすめです。この場合は光で粗を飛ばすため、肌色をキレイに見せる効果があります。目的に応じて、光の当たり方を確認してみましょう。


物を上手に撮るコツ

スマホカメラにマス目を表示させ、画面が9分割になるようにします。これは、カメラの設定にて「グリッド」をオンにすることで表示できます。

被写体の水平垂直を確認できることで、構図が整うのはもちろん、グリッドの線と線の交わる位置にポイントとなる被写体を写すようにすると、安定感のある写真を撮ることができます。この「三分割法」は風景や人物にも使えるため、ぜひ覚えておいてください。


アプリを使えばプロ並みの写真に!

スマホで撮影

スマホで写真を撮影するメリットは、アプリを使用して、後から補正できること。どうしてもうまく撮影できない、写真が気に入らなかった場合には、下記のような加工アプリを使用してみてください。

Snapseed

フィルタを多数搭載し、多機能で高機能な修正ができるアプリです。写真の中で、タップした箇所だけ調整することができます。

VSCO

フィルタ機能やトリミング、色の調整が細かく設定できます。SNS映えした写真加工に向いています。

Adobe Photoshop Fix

プロ用画像処理ソフトのアプリ版ですが、無料で使用できます。写真の中の不要なものを消したり、変形させたりすることができます。


他にも画像加工&補正アプリは沢山あります。自分好みのアプリを探してみてください。


素人とプロの違いは?プロの技を知れば写真が変わる!?

素人とプロの撮る写真の違いについても覚えておきましょう。たとえば料理の写真を撮影するとき、素人はお皿全体を撮影しますが、プロは素材を大きく撮影します。お皿が見切れることでボリューム感が増し、素材のみずみずしさや色合いが、とても印象的に写ります。

料理に限らず、メインとサブを分けることで、メッセージ性のある写真を撮影することができるのです。

また、素人は写真全体を明るく撮影したり、加工したりしてしまいがちですが、プロはあえて暗く撮影することも。影があることで立体感が生まれ、より臨場感のある写真に仕上がります。これらのポイントも参考にし、撮影に役立ててみてください。


写真を上手に撮影するコツを少しだけ知るだけでも、今までとはまったく違った写真を撮影することはできます。ぜひ、自分らしく、誰かの心に残るような写真を撮影してみましょう。素人には難しそうな光や構図をフォローしてくれるのも、スマホカメラならではの魅力です。さらにアプリで修正し、雰囲気良く仕上げることも簡単にできます。

スマホのカメラを大いに活用し、思い出となる素敵な写真を沢山撮影してください。

思い出の残し方に関する記事

カテゴリ一覧

暮らし中での思い出の活用方法
ビジネスシーンでの思い出の活用方法
写真の価値と思い出の残し方
アルバムセラピー

人気の記事

アーカイブ

提供元

日本アルバムセラピー協会

facebook

ページメニュー

コンテンツメニュー